インフォメーション|株式会社フォースタイル

Informatin

インフォメーション
2017年07月10日(月)

株式会社フォースタイルでは、現在本部にて編集作業を行うスタッフを募集しております。

飲食店様に代わり、各グルメ媒体を編集するお仕事です。
PCで作業を行いますが、各グルメサイトはブログなどを投稿したことがある程度のスキルで編集可能です。
また、社内業務としてはexcel、wordなどの簡単な入力業務が可能であれば問題ありません。
もし、illustratorやphotoshopなどのスキルもお持ちであれば、待遇面で評価させていただきます。

【その他 諸条件】
勤務地:東京都千代田区神田小川町(本社)
勤務体系:週5日(正社員/契約社員)、週2~5(アルバイト)
勤務時間:10:00~18:00(アルバイトはコアタイムのみも可)
給与:20万円~能力に応じて(面談にてご相談)
その他:交通費別途支給、社員旅行「実績:石垣島(2016年/2017年)」、社内イベント「BBQ等」

2017年06月09日(金)

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、弊社では下記の期間、社員研修のため休業とさせて頂きます。
休業期間:平成29年6月20日(火)~平成29年6月23日(金)
平成29年6月26日(月)より通常営業致します。

何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。
今後とも、変わらぬお引き立ての程、宜しくお願い申し上げます。

株式会社フォースタイル

2017年05月29日(月)

「えん食べ」に当社新規事業が掲載されました。

|株式会社フォースタイル

https://entabe.jp/press-release/2159784

2017年05月22日(月)

飲食店の集客コンサルティングを手掛ける、株式会社フォースタイル(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役:宮田真理)は、株式会社ベストフード(本社所在地:千葉県船橋市、代表取締役:猪瀬智也)との業務連携により、飲食店のメニューを商品化するサービスを開始致します。

 

既存メニューから人気の高い料理を商品化する場合や、独自ネットワークによる地方生産者の生産品と飲食店の調理技術をコラボレーションしたメニューにはない商品の開発など、商品提案から、小ロットからできる瓶や真空パックでのパッケージ化、ラベルなどのデザイン、さらに流通・売り場の確保までをワンストップで提供可能です。

 

 

【サービス開発背景】
昨今の飲食業界は、競争の激化、家賃や食材の高騰、人材難などの問題から経営難に陥ることが少なくありません。
また、モーニング、ブランチ、ランチ、ディナーなど、サービス提供時間が長くなることにより、「ブラック企業」「ブラック業界」「ブラックアルバイト」といった単語がついて回る業界となっております。
大手グルメサイト企業が提供している外食産業企業への就職希望率に関するデータでも、不人気な業界であることがわかります。
上記のような状況を少しでも改善してくためには、店舗の営業時間外での収益の上がる方法が必要です。

 

その方法を模索する中、株式会社四万十ドラマ(本社所在地:高知県高岡郡四万十町十和、代表取締役:畦地履正)が立ち上げた地方生産者と都内のバイヤーを繋ぐ会、あしもと逸品プロジェクトにて、「信頼できる生産者と、生活者をつなぐ架け橋に。」を合言葉に、生産者のこだわり食材を商品化・販売されている株式会社ベストフードと業務連携させていただくことで、飲食業界の問題改善へと繋がっていくと考え、サービス化へと至りました。

 

 

【商品】
現在第一弾商品を開発中です。
銀座の人気寿司店の技術と、東北の農園の無農薬野菜を使った商品を、2017年秋リリースを目指して進めております。

 

————————————————–

 

【株式会社フォースタイルについて】
飲食店専門のコンサルティングカンパニー。
WEB媒体を活用したセールスプロモーションから、ブランディング、マーケティング支援、スペシャリテ開発、プロデュースなどを手掛けている。

 

代表取締役:宮田真理
本社所在地:東京都千代田区神田小川町1-8-3 小川町北ビル7F
コーポレートサイト:http://f-st.co.jp/

 

 

【株式会社ベストフードについて】
顔が見える地元中心商品、こだわり商品を地域から全国へ。
今までの業態ありきの発想をせず、食を見つめ直し、独自の新しい視点、観点から【オンリーワン商品】の開発を行ない、幅広いご意見に耳を傾けながら、お客様が楽しく心から喜んでいただける商品をご提供しています。

 

代表取締役:猪瀬智也
本社所在地:千葉県船橋市小室町3357
コーポレートサイト:http://www.best-food.jp/

 

 

【あしもと逸品プロジェクトについて】
全国の一流の生産者と流通事業者を繋げる仲間ネットワークです。
2013年より、高知県高岡郡四万十町で道の駅とおわを運営する株式会社四万十ドラマ代表の畦地履正の声がけでスタートしたプロジェクトです。

 

あしもと逸品プロジェクトHP:https://www.ashimoto-ippin.jp/
株式会社四万十ドラマHP:http://shimanto-drama.jp/
道の駅四万十とおわHP:http://shimanto-towa.jp/

 

————————————————–

 

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社フォースタイル
TEL:03-6869-7326
担当:小山(オヤマ)

2017年04月24日(月)

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、弊社では下記の期間、ゴールデンウィーク休業とさせて頂きます。
休業期間:平成29年5月3日(水)~平成29年5月7日(日)
平成29年5月8日(月)より通常営業致します。

何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。
今後とも、変わらぬお引き立ての程、宜しくお願い申し上げます。

株式会社フォースタイル

2017年04月21日(金)

あしもと逸品プロジェクトにて、当社代表:宮田が講演をさせていただきました。

ご参加されている生産者の皆様に、飲食店とのコラボレーションの可能性について発表致しました。
・飲食業界の現状
・生産者様が飲食店に営業するのなら
・新しい飲食店との組み方


あしもと逸品プロジェクト|株式会社フォースタイル

【あしもと逸品プロジェクト】
・公式HP
https://www.ashimoto-ippin.jp/
・主催:株式会社四万十ドラマ
http://shimanto-drama.jp/

2017年04月19日(水)

Instagram(インスタグラム)が、飲食店向けのサービスを2017年中にリリース予定と、公式ブログで紹介しています。

現在すでに、「電話」「メール」「道順」という3つのビジネスプロフィールという機能を使うことができます。
このビジネスプロフィールをさらにバージョンアップさせ、企業/店舗アカウントでアップした新コースなどを、そのままInstagram(インスタグラム)から予約できるようにするなどの新機能を搭載予定とのことです。

これにより、Instagram(インスタグラム)から他グルメサイトに推移する必要をなくしていく狙いがあります。
Instagram(インスタグラム)は、次世代のグルメサイトになるのでしょうか。

・Instagram(インスタグラム)公式ビジネスサイト
https://business.instagram.com/

2017年04月13日(木)

【会議内容】
・昨年度決算報告&本年度計画/予算案提案
・テーマ発表:株式会社フォースタイル 代表取締役 宮田真理/
 飲食業界の現状、生産者が今年・来年で飲食店に
 営業するのであればこんなお店を攻めろ!
・プレゼン
・コラボ報告
・新参加/久しぶりな方の近況報告

【日時】
■4月19日(水)
■会議: 18:00-20:00
■懇親会: 20:30-22:30

【会場】
ビステーション新橋
〒105-0004
東京都港区新橋2丁目20番15号
新橋駅前ビル1号館6階
TEL.03-6264-5511

・あしもと逸品プロジェクト公式HP
https://www.ashimoto-ippin.jp/

2017年04月10日(月)

世界のベストレストラン50が発表されました。
これは、英国雑誌「Restaurant」が、シェフ・レストラン経営者・批評家・食通の投票で作成しているものです。

1位は、米国ニューヨークの「Eleven Madison Park」。
日本からは「Narisawa」が18位、「傳」が45位にランクインしています。

・世界のベストレストラン公式HP
http://www.theworlds50best.com/
・Narikawa公式HP
http://www.narisawa-yoshihiro.com/
・傳公式HP
http://www.jimbochoden.com/

2017年04月04日(火)

日銀が3日に発表した、企業短期経済観測調査(短観)は、2期連続の改善となった。
大手製造業の状況だけでなく、非製造業、中小企業でも良い回答を得られたところが多かった。
しかし、現在の状況よりも、先行きに対して不安を抱いている企業が多く、設備や人材への投資減少が不安視されている。
企業が”投資”を減少されることで、順を追って飲食業へもその波は訪れることになる。
米経済の影響含め、先行き不安との回答が多くはあるが、ここでこその企業投資の必要性が求められている。